2018年6月21日木曜日

Audio MIDI アプリを使って USB マイク 2 本で収録する方法

概要

前回 ECM-PCV80U 2 本と Mac を使って録音する方法を紹介しました
問題としてトラックが同じになってしまうという問題がありました
Mac に標準で搭載されている Audio MIDI アプリを使うと解決することができたので紹介します
そしてこの方法を使えば Soundflower も LadioCast もいらないので標準のアプリだけで完結されることができます

環境

  • MacBook Air (10.13.5)
  • GarageBand 10.2.0
  • Audio MIDI
  • SONY ECM-PCV80U

Audio MIDI でマイクをバンドルする

Audio MIDI は複数の入力/出力機器を束ねて 1 つの仮想的な装置を作成することができます
GarageBand は 1 つの入力しか受け付けることができませんでしたがこの機能を使うと 1 つの入力の中に複数の入力装置を含めることができます

まず Audio MIDI 設定アプリを開きます
そして、一番下の「+」ボタンから「機器セット作成」を選択します
audio_midi_podcast1.png

新たに機器セットが作成されます
使用するデバイスを右ペインから選択しましょう
今回は USB 接続した UAB-80 x2 を選択します
また機器の名前も決めることができるので好きな名前を設定します
audio_midi_podcast2.png

GarageBand の設定

まず設定から入力装置を選択しましょう
システム設定になっている場合は Mac のサウンドの設定から出力装置を先ほど作成した Podcast Mics にしてください

そして 2 つのトラックを作成します
1 つ目のトラックの入力は「1 (Podcast Mics)」を選択します
audio_midi_podcast3.png

そして 2 つ目のトラックは「2 (Podcast Mics)」を選択します
こうすることで 1 つの GarageBand への入力から複数のトラックでの録音を実現することができます
audio_midi_podcast4.png

また各トラックの設定を「録音可能状態」にしておきましょう
デフォルトだと ON になっていないので、トラックを右クリックして「トラックヘッダを設定」->「録音可能」にチェックをしてください
こうすることで録音ボタンを押した際にすべてのトラックの録音が同時に開始されます
audio_midi_podcast6.png

動作確認

あとはマイクを ON にして録音を開始すれば OK です
それぞれのマイクの声がそれぞれのトラックとして録音されると思います

もしマイクの音を調整したい場合は普通にサウンドからそれぞれのマイクの設定を変更すれば OK です
audio_midi_podcast5.png

最後に

Audio MIDI アプリを使って複数の USB マイクの声を別のトラック情報として録音する方法を紹介しました
Podcast の収録方法はいろいろと紹介してきたのですが、USB マイクを使う場合おそらくこれが一番簡単で王道な方法だと思います

まず一番に純正アプリだけでできるというのが嬉しい点です

参考サイト

0 件のコメント:

コメントを投稿